動画の作成目的を整理しよう!

スマホにデフォルトで搭載されているカメラアプリで動画を撮影したりしていませんか? もちろん、初期搭載カメラアプリも便利なんですが、様々な付属機能が付いたアプリを使ったり、撮影を補助してくれるアクセサリを使うことでより快適な動画づくりができます!

動画や音声を作成してみよう!

動画の素材として、撮影したデータ以外に、自ら作成したデータが考えられます。 たとえば今は、スマホで簡単にパラパラ漫画を作ることができます。 それに、声も自分で作ることができますし楽器演奏をすることだってできます。こういった音を録音するなどして動画に組み込んでよりクオリティの高い作品にしましょう!

最後の仕上げ!動画を編集しよう!

今までの作業はすべて下準備といえます。これからが動画作成の本番であり醍醐味です。これまで集めたデータ素材を使って動画を編集しましょう。 編集と聞くと難しく感じるかもしれませんが、スマホの動画編集アプリは使用性の高いものが多いですので初心者もぜひともチャレンジしましょう。

スマホで動画を撮ってみよう!

動画をスマホで作りたいそこのあなた!
一つ質問があります。
「何のために動画を作りたいんですか?」
InstagramやFacebookに上げるため?ユーチューバーになりたいから?それともサークルの宣伝動画を作りたいから?はたまた結婚披露宴での新郎紹介動画を作りたいからですか?
目的に応じて要求される動画のクオリティーや方向性、データ様式なんかも変わってきます。ですから、まずは自分がこれから作る動画は何のためか再度確認しておきましょう。
例えば、SNSに上げるためなら、動画のデータ様式に気を付けなければなりません。Instagramならば、3秒から60秒の間の動画しかアップロードできませんし、縦横比も1:1または4:5に整えなければなりません。
ユーチューバーとして動画を上げたいならば、まずアップロードするコンテンツを考えないといけません。ゲーム実況ですか?してみた系動画ですか?それから顔出しをするのか声出しをするのかといったことを決めなければなりませんよね。
サークルの宣伝動画を作りたいなら、サークルのアピールポイントを考えてみることから始めてみましょう。例えば軽音楽部なら演奏をBGMとして使えますし、ダンス部ならフラッシュモブのような劇も考えられますよね。アピールポイントから動画のコンテンツを考えて、どのように動画を作るかの見立てを立てましょう!
新郎紹介動画を作りたいなら、例えば過去の思い出を振り返る形式が考えられますよね。小さい頃の写真など動画作成に使える素材がどの程度あるかによってもどういう風に動画を作っていくか変わりますよね。
いずれの場合もコンテンツを頭の中で想定してから、動画作成を始めると見通しが立ちやすくなります!

▲ TOPへ戻る