飛蚊症 サプリ

飛蚊症 サプリ

飛蚊症は誰にでも起こり得る生理的な現象であり、目の中が老化することで起こります。目も肌や体と同じように老化するのですが、それに関わっているのが活性酸素です。活性酸素が細胞を酸化させることで症状を引き起こしますので、ある程度の年齢になったら誰でも気をつけなければなりません。
飛蚊症の症状を詳しく見てみると、目の前に蚊のようなゴミが飛んでいるように見えます。人の目には硝子体が詰まっているのですが、これが老化や紫外線によって濁ってしまうことで起こります。一般的に多いのは老化であり、硝子体が変質して古くなった細胞が溜まるようになると起こりやすくなります。発症しやすいのは50代以上だといわれていますが、最近ではスマートフォンの普及によって長時間目を酷使する人も増えていますし、パソコンを使って仕事をしている人も多いので若くても起こることがあります。
一度飛蚊症になってしまうと治療方法が今のところありません。ですから、対処法としてこれ以上活性酸素を増やさないようにしたり、目の健康のために必要な栄養を積極的に摂取することを徹底するしかありません。活性酸素を増やさないためにできることはスマートフォンやパソコンの画面を長時間見ないようにしたり、紫外線から目も守るためにサングラスをかけることなどが有効です。必要な栄養素については、近年注目されているのがルテインです。ルテインには優れた抗酸化作用があり、摂取すると活性酸素の働きを抑制することができますので目を守ることにつながります。飛蚊症にルテインが効果的であることは既に広く知られており、サプリを取り入れる人も大勢います。
元々目に存在している成分であり、目の若返り成分でもあります。積極的に摂取すれば失明につながるような黄斑変性症にかかるリスクも下げることができます。白内障のリスク低下につながるというデータもありますので、幅広い目の病気に対応している成分だといえます。取り入れた後は目全体の機能を活性化させますので、飛蚊症が大幅に改善される可能性もあります。ですから、症状が現れても諦めることなく対策を行っていくことが大切です。
食事からだけでは摂取量が足りませんので、やはりサプリで取り入れるのがオススメです。一日にどのくらいの量を摂れば良いのかというと、予防のためなら6mg程度であり、既に症状が現れていて改善を図りたい時には12〜15mg程度が目安です。