動画や音声を作成してみよう!

動画素材、画像素材を作ろう!

今度は動画素材や画像素材を自分の手で作ってみましょう!
動画素材としては、例えばパラパラ漫画作成アプリがあります。少し前、「うごくメモ帳」が流行りましたが、イメージとしてはアレに近いでしょう。簡単に自分でパラパラ漫画が作れてしまうので動画作成が捗ります。
画像素材を作る場合はペイントアプリが便利です。私は「Sketch」というアプリをよく使っています。多くのペイントアプリでは、元画像に絵を描くことができるので簡単なコラ画像を作るのにも便利ですね。
それから、モザイク処理アプリや透明化アプリなどもが画像素材を作るうえでは役に立ちます。複数の画像加工アプリを駆使して素材づくりができるようになったらもう脱初心者といえるでしょう!

音声素材を作ろう!

動画素材や画像素材が手に入ったら、次は音声素材を作ってみましょう!
また、ネット上のフリー音楽や録音アプリを使って録音した音声などを編集するのも一つの手として覚えておきましょう。
一つの方法としてゆっくりボイスなんかの音声読み上げアプリがあります。これの利点としては、顔出しや声出しをしたくないとき、あるいは一人しかいないけども対話形式の動画を作りたいときなんかに仮想人物として使うことができる点です。
音声が作成できるように特定の音を作成してくれるアプリもあります。特定の周波数を指定すればその周波数を作ってくれる周波数ジェネレーターなんかも役に立つかもしれません。
他には楽器演奏アプリがあります。楽器を買うとなると予算が大きく膨らんでしまいますがスマホ上の演奏なら予算はあまりかかりません。しかしこちらはある程度の技術と音楽センスが必要になってくるでしょう。


▲ TOPへ戻る